見出し 見出し

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
※通常想定される維持管理条件下で、
構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置。
※床下および小屋裏の点検口を設置すること。
※床下空間の有効高さを330mm以上とすること。


イメージ画像 イメージ画像
見出し 見出し

極めて稀に発生する地震に対し、
継続利用のための改修の容易化を図るため、
損傷のレベルの低減を図ること。
※大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。
※建築基準レベルの1.5倍の地震力に対して倒壊しないこと。
※一部の物件により耐震等級2の場合があります。


イメージ画像 イメージ画像
見出し 見出し

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、
維持管理※1を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
(専用配管について)
※構造躯体などに影響を与えることなく、配管の維持管理を
行うことができること。
※更新時の工事が軽減される措置が講じられていること等。
※1…清掃・点検・更新


イメージ画像 イメージ画像
見出し 見出し

必要な断熱性能などの省エネルギー性能が確保されていること。
※評価方法基準に定める断熱など性能等級4の基準
(建築物省エネ法に基づく建築物エネルギー消費性能基準相当)に
適合すること。


イメージ画像 イメージ画像